人事と採用、離職と教育PARTⅢ (^^)

人事と採用、離職と教育PARTⅢ (^^)

本日も前回からの続きです。

入社後1年目からの教育プログラム。
お話伺います!

人:採用責任者 管:管理人

管:では早速!プログラムについて
お話しください。

人:はい。こんな感じです。

1サイクル目:
軸になる仕事を使って仕事の基礎
2サイクル目:
新しいことを創造する。
3サイクル目:
チームで結果を出す。

簡単にいうことこんな感じです。
もっとも1~3の内容をミックス
させて実施する人もいます。

管:う~ん。凄いのか?どうなのか?
よくわかりません。

人:(苦笑) 確かにそうですね、
文字だけ読むと???ですね。
社員にも「?」という方もいます。

そのため最近は「見える化」を
徹底しています。
ステップアップ内容をより具体的に、
将来像を具体的にイメージできる、
工夫なども始めました。

管:会社も教育について進化中ですね。

人:はい。というより、ようやく
やり始めたというのが事実です。

管:でも。。ここまで教えても、
辞める方っているんですよね。
教育って一所懸命やっても
報われないのでは?

人:信じて頂け無いかもしれませんが、
それは全く思いません。

教育に携わっている最中は、
社員を育てているのではなく、
「良き社会人」
「世界でも通用するビジネス人」
を育てるつもりで実施しています。

そのため。。変な話ですけど、
いつ離職しても、その時点で、
どこかで、何かで役に立つ人になって
いなければいけない!
という教育方針があります。

そのため教育にも手抜きは
許されません。ゴールを目指して
「志高く!」です

「どうせ辞めるのに。。。」とか
「報われない。。。」と思ったことは
一度もないんですよ。じつは。

管:へぇ~。。

人:でも「残念」に思ったり、
「寂しい」と思うことはあります。
できれば一緒に最後まで働きたい
という気持ちはありますよ。

管:そうですね。。。。
ちなみにこの教育についていける方の
採用ポイントは何ですか?

人:「伸びしろ」です。
採用時には「今何ができるか?」
ではなく「どのように育成すれば、
どのように成長して、
どのような人になるか?」
これを描けた人を採用しています。

管:それはどのように見極めるのですか?

人:それは。。また今度話しましょう。
今日はこの辺で!

「採用できる人材の見極め方」
またどこかでお話しききたいと思います。
楽しみにお待ちください。

さて、明日からはGW!
天候も良いようで、さすがに
社員もソワソワしています\(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Enrtyはコチラから!

サンケイエンジニアリングに興味を持ってくださった方は、コチラよりお気軽にご連絡ください。ちょっと(だいぶ?)個性的なメンバー共々あなたをお迎えいたします。